帽子紹介

薄手のガーゼ地ハンチング 涼しいし軽いし、心地よい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

山田です。

{8FAC7382-BAD5-43C6-A023-432056C071D1:01}

昨夜全国的にも注目が集まった「大阪都構想」の住民投票。

{6E65B370-5318-4E58-8B61-3CB1E62F2CB4:01}
僅差ながら反対多数で、消滅することになった。

大阪市をなくし、市の仕事を新設する五つの特別区と府に分けて、市と府の二重行政解消を目指したが、その変革は行われず、

今までの大阪が存続されることになりました。

東京住まいの私には直接関係ないですが、これが大阪の人達が選んだことならいいのかなぁって思ったのですが、世代別の投票を見てビックリ!

{403B6D5B-DA2C-4EA9-B12F-66E0907B5307:01}

見て分かる通り、20代~40代の若い世代を中心とした投票は明らかに賛成。

反対しているのは70代世代だったということ。

民主主義の国家である以上はこれが正解としか言いようがないですが、

この出されたデータには若い世代は改革を望んでいたのにも関わらず、

現在の高齢福祉のカットを嫌がった高齢者にねじ伏せられたということです。

今回投票率や関心が強かっただけに、一部の地域のことながら

恐ろしい今の高齢化社会の現実を露呈するかたちになったのではないでしょうか。

これではいつまで経っても若い人達が望む国にはなっていきません。

けどこの結果はおそらく若い世代の投票率がもっと高ければ結果が変わっていたということも示しています。

橋下さんが負けたということは置いておいて、

あともう少し、若い人達が政治に関心を持てば、もっと住みやすい世の中を作れるということが分かった住民投票でした。

この事実を1人でも同じ世代の人間に知ってほしいので、真面目な内容ですがブログに綴ってみました。

私自身は必ず投票には行くようにしていますが、

今回の結果を見て、より選挙や投票に参加する意味をしっかり確認出来た気がします。

これからの日本を担うのは私達の世代。団結して住みやすい国にしていかないと。

ではでは本日もネットショップより新作ご紹介。

本日は3型。まずは

{A2505364-998B-4923-B6CC-4D1F0FFC6804:01}

{D2A03B97-4966-4A03-9451-9576CB3A4B15:01}
薄手のガーゼ地を使用したハンチング。

コットンの生地より薄く、暑い時期向きの作りとなります。

頭のかたちに沿ったオーソドックスなシルエットは人を選ばず

ハンチング初心者にもおすすめです。

カラーリングも夏らしく明るめの展開で、見た目にも涼しげです♪

{07E64F83-5B12-46AA-B56A-225926B71FF7:01}
サイズ調整付きで、幅広い頭のサイズに対応しますよ。
では次
{75320DFF-6DD4-4853-9805-8CA8E602A2E4:01}

{B5C8FD90-CE40-42CE-90AF-0EC8CACA9E03:01}
クラシカルな中折れスタイルを採用したブレードハット。

つばのロールアップの角度が低めで、フラットなシルエット。

若干つば広っぽく見えるのが特徴です。

シンプルで被りやすく、とても使いやすいこのハットは

世代や性別、ファッションテイスト問わずおすすめです。

夏の日よけ用にと、普段帽子を被らない人にもぜひおすすめしたいですね!
そして最後に

{D240D385-3327-44CF-8EFC-9290187BAA35:01}
ネイビーブルーに染色された麻の生地を使用したハンチング。

シルエットはクラシックなイギリスを感じるニュースボーイキャップのデザインを採用。

大ぶりなボディの作りとなっていて、そのまま被っても良いのですが

つばを後ろにして被っても個人的にはカッコいいかなと思います♪

ダークトーンな色なので、夏に限らず秋時期くらいまで使えますよ。
本日はこんな感じ。気になった帽子ございましたらぜひネットショップの商品ページをチェックしてみて下さいね!

それでは今日はこのへんで…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*